宮崎県書道協会は、機関誌「墨友」や各種展覧会、書道教育を通じて書道の推進・普及を目指す協会です。

  • 未来へつなぐ 書の波動
 

事業内容

   
 機関誌刊行
   
『 墨友 』
幼・小、中、高・一般と、全ての人を対象にした月刊競書誌。
毛筆と硬筆を年間学習計画のもとに学習し、作品を出品。審査会を経て結果を翌月の誌上に掲載。昇級昇段試験を年一回実施。
高校・一般部の毛筆は、漢字・仮名ともに半紙、条幅の部を設置し、硬筆を含めると5部門に出品可能。
2018年4月に700号を迎えた。
   
 主催行事
   
『 宮崎の書展 』
協会会員展と公募展を併催。会員相互の研鑽と新人発掘を図る目的で開催している。当初は隔年開催であったが、現在は毎年開催している。協会会員展と公募展それぞれ100点前後、計200点程度の出品がある。
 
 『 協会会員展 』 
 ◇出品資格・規定◇
  宮崎県書道協会の正会員であること。
  ● 一人一点。仕上がり寸法は、縦8尺・横6尺までで、16平方尺以内。
  ● 額装または軸装(巻子含む)とする。
  ● 出品料は2,000円。
  ● 出品書類は郵送により会員に配布。
 
 『 公募展 』
 非会員ながらも、日頃より宮崎県書道協会が発行している墨友誌などで研鑽を積まれている書道愛好者を対象に、より意欲的に作品制作や発表に取り組んでもらうことを目的として、平成19年度から始めた展覧会。協会会員展と併催する形で実施している。

 ◇資格・規定◇
   ● 宮崎県書道協会の正会員になっていない方(非会員)であること。
   ● 一人一点。半切縦型とする。軸装して出品すること。(額装・枠張りは不可)篆刻作品については印影のみとし、
     額装して出品すること。
   ● 出品料は1,000円。
   ● 出品書類は、墨友事務局および県内の書道用具店にて出品希望者に配布。
 
 ◇褒賞◇
   会長賞、特選、準特選、奨励賞、入選および選外とする。(入賞数および入選数は出品総数により考慮する)
   表彰式において、入賞者には賞状および副賞を授与する。
     出品者全員に記念品を贈呈する。
 
『 硬筆書道検定試験 』
 ● 書写力の向上を目的として、年2回(6月と11月)実施。
 ● 教育部(中学生対象)と一般部(高校生・大人対象)とに分かれる。
 ● 教育部は実技と筆順等、一般部は基礎的技術、芸術的表現、理論を加味して出題。
 ● 中学生以上はペン・ボールペン・万年筆、一般部初段以上はフェルトペン・筆ペンも使用する。
 ● 審査については、該当級に認定し、証書を贈る。履歴書に書くことができる。
 
 
『 教育書道展 』

● 保育・幼稚園児~高校生を対象とした、宮崎県の伝統ある展覧会。平成28年度は第66回展となる。
● 保育・幼稚園児~中学生は半紙・風信紙、高校生は半切1/2の部への出品。
● 応募作品は審査を行い、全作品を展示する。

● 出品料:半紙の部300円、風信紙・半切1/2の部500円

   
 協賛事業
   
●宮崎市美術展
   
 後援事業
   
●青島神社主催教育書道展覧会
●各グループ展
●個展
 
<<宮崎県書道協会>> 〒880-0805 宮崎県宮崎市橘通東3丁目6番3号 冨山ビル302号 TEL:0985-22-2856 FAX:0985-22-2876